iPhoneの便利な機能について

iPhoneの便利な機能について

キーボードを使いこなそう

このページではiPhoneのキーボードの便利な機能について説明します。なお、この機能はiOS11のバージョンに合わせて書いています。iPhone6よりも後に発売されたiPhoneは片手で操作がしやすいように考慮されていて、キーボードを左右に寄せる機能が追加されています。これで手が小さくて入力が難しい人でも片手でキー入力を行うことができるようになります。

また、iPhoneのキーボードでは色々なキーボードが用意されています。デフォルトだとテンキー式のキーボードからPC形式のキーボード、絵文字のキーボードが用意されています。しかしフリック入力のみで入力を行う人や絵文字は多用しない人であれば不要なキーボードを削除することで、今までよりも快適にキーボードの切り替えができるようになります。設定方法は設定アプリから一般の画面をタップしてキーボード設定の画面にいきます。すると、今使っているキーボードをタップしてから不要なキーボードを左にスワイプして削除をすることでキーボードの削除ができるようになります。

その他にもキーボード設定の画面からユーザー辞書で普段よく使う言葉をメモしておくことでより便利に入力することができるようになります。例えば、自分の名前が変換でなかなか出てこない人はユーザー辞書で設定しておくことで優先的に表示させることができます。挨拶等の定型文をよく使う人も登録しておくことで仕事のメールの返信の速度が飛躍的に上がります。